刺青 tattoo tatoo tatto 和彫り 洋彫り 龍 虎

ファッションとしての刺青

刺青といえば、少し前まではマイナスなイメージが
少なからずも浸透していた。

5,6年前までは刺青・タトゥーに関する雑誌なんて
少ししかなかった。

実話ドキュメントやバースト、チャンプロードなど
ちょっとマイナーな雑誌にしか刺青の情報なんてなかった。

しかし、今は違う。

ざっとあげても、刺青・タトゥーに関する雑誌は
タトゥーバースト・タトゥーザライフ・タトゥートライバル・
ガールズタトゥー・墨・などなど・・・

数年前に比べれば、刺青に関する雑誌や本が沢山ある。

そのお陰で、タトゥー・刺青と言うものがこの日本でも
だいぶポピュラーになったんだな、と思う。

ファッション的にタトゥーや刺青を入れる事に対して
批判的な意見も多々見られるが、
私はそうは思わない。

確かに、ただ単に「かっこいいから」だけではちょっと困るけれど
刺青の根底にあるプリミティブな意味、そして精神的な成長を
刺青はもたらしてくれるものだと私は思っている。

最初はファッションで入っても、その素晴らしさに
心惹かれていく人が増えるのは 嬉しいことだと思っている。

刺青の歴史やそのバックグラウンド、そして美しさを理解する人が増えていけば
偏見も少しはなくなるのではないだろうか。
posted by スミ屋 at 16:59 | Comment(25) | TrackBack(4) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。